モータースポーツ総合WEBショッピングサイト

autosport web shop

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

商品検索

2022年 FIA 世界ラリー選手権 総集編(DVD)

  • NEW
  • 送料無料
¥4,290 税込
商品コード: RA-130
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
ハイブリッドカー Rally1の衝撃
開幕したWRC新時代を制したのは
ロバンペッラ、史上最年少王者が誕生した


トヨタ、ヒョンデ、Mスポーツ・フォード。
顔ぶれは前年と変わらないがマシンはまったくの新規定、Rally1カーに変わった。
誰もが未知の領域、予測不可能のシーズンとなった。

開幕モンテカルロは助っ人参戦のローブとオジェの2台巨頭が激突。
最後までもつれた争いは9連覇の王者ローブが制し、フォード・プーマが新時代最初の勝者となった。
雪を求め開催地を移動した第2戦スウェーデンではヤリスを駆るロバンペッラが独走の勝利、ヤングフィンはここから躍動していく。
ターマックのクロアチアではタナックとの接戦の中、最終SSでの逆転。
WRCのグラベルスタンダード、ポルトガルでも抜群の安定感をみせ、3連勝を決めた。
序盤、ライバルの後塵を拝したヒョンデは第5戦サルディニアでタナックがチームにRally1での初勝利をもたらし、ランキングトップのロバンペッラに食い下がりフィンランド、ベルギーでも勝利するもそこまでだった。
迎えた第11戦、10年ぶりに復活したニュージーランドでロバンペッラはシーズン6勝目を決め22歳と1日という史上最年少でワールドチャンピオンに輝いた。
続くスペインでトヨタも2年連続のマニファクチャラ―ズ・タイトルを決めた。

期待の日本人、勝田貴元も初優勝を目指し昨年を上回る活躍をみせた。
そして最終戦、12年ぶりのラリージャパンでスペクタクルWRCはシーズンのクライマックスを迎えた。


<完全日本語版 / 片面2層1枚 / 408min. / 16:9 / 2chステレオ




※こちらの商品はクロネコDM便(送料無料)でのお届けとなります。
クロネコDM便での配送は2〜4日程度要します。お急ぎの場合は宅配便(別途送料550円)での配送をご希望の旨、通信欄にご記載の上、ご注文ください。

DM便の性質上、配送時の商品パッケージの潰れや破損による交換・キャンセルは承れません。また盗難・不達等のトラブル時はご注文者ご自身が配送会社と協議いただく事となります。ご了承の上、ご注文ください。
▼ PICK UP オススメ商品
ページトップへ